忍者ブログ
このブログは『TW2 Silver rain』の神谷崎刹那、及びその背後が書いている日記です。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
神谷崎刹那
年齢:
24
性別:
女性
誕生日:
1993/02/10
職業:
中学生
趣味:
読書、家事全般
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

閲覧回避推奨。
愚痴ですので。
お友達がやっている心理テストっぽいものを拾ってやってみたいと思うわ~♪
何でも願いがかなうらしい…私の願いはなんだろうかね~ww
っと、じゃぁ、がんばろう♪
赤い。僕は切にそう思った。確かに壁が、床が、窓が、天井が、僕が、少女が、空が、月が、僕の目の前全てが赤かった。目に映る赤だけで構成された朱や紅や赤や橙等の赤だけの“単色世界(グラデーション)”。今なら走馬灯というのが『過去を頼りに現状を打破する行為』ではなく『ただ過去を写すだけの意味無き思索』だという事が分かるだろう。僕は赤に耐え切れなくなって目を瞑る。なぜなら、いつの間にかそこにあった胸の痛みが何もかもを忘れさせてくれたから。

 ほんの数時間前まで、僕は普通の青年実業家だった。現代社会において風雲児と呼ばれ、また、ある面では勝利者とも呼ばれていた。妻子はいないが、それに近しい人もいて日々を暮らしているはずだった。そう、『はずだった』のだ。転機と言うのは本当にささやかな事で、クリスマスを兼ねた会社の忘年会に出席した事。あるいはそこで飲みすぎた事だろうか。そんなことは、結局今となっては何もかもが全て些細な事、全てが走馬灯の様に流れていってしまった。僕が語るのはその時の事だ。十字架と赤い月と黒衣に彩られた凄惨な一夜。200X年12月25日、僕は赤坂にある一等級のホテルのレストランにいた。数多くの著名人やタレントが訪れる豪奢な内装、それは居心地が良いものではあったのだが、些か窮屈でもあった。だからなのか、僕は自宅付近に帰るなり自然と気軽に飲めそうな居酒屋を探してふらふらと町へと繰り出していった。
 案の定、良く行く居酒屋で日本酒の熱燗をちびちびと飲みながらかまぼこにわさびを塗りたくって頬張っていた僕は、日頃のストレスが溜まっていたのだろうか酒の加減を間違えたのだった。いつもなら酔わないはずなのに…そうは思ったものの進みが速くてね。いつの間にか止められる位までへべれけになっていたらしい。そして、そこから僕は外に出てからの記憶が無い…次に思い出されるのは真っ赤な光景だったからね。だから、記憶に無い部分…“残滓記憶(フラグメント)”…が知りたかった。ただ、一つ言える事は、僕には語れない、それだけだ。
ルナから回ってきた学生バトンを答えようかしらね~♪
私の日常生活を大暴露とでもいったところかしら??
まぁ、見られて困る事は見られないようにやってるから良いのだけど~♪

っと、言う訳で行ってみましょうか♪
忍者ブログ [PR]